スクォッターの復興
ここはグーグル・マップの「スクォッター3」にあたります。

今回は住民の取材ではなく、復興するスクォッターの様子をご覧ください。
f0229434_3101110.jpg

この写真の様子から水害で残った家屋は約3分の1程度だと思われます。
壁をふさぐ等の修復した跡が見られます。
f0229434_310180.jpg

水辺に向かって続いていたはずの家屋が流されています。ここでも自動車道に面した入り口の家屋は残っています。2人の少年にご注目ください。
f0229434_3102248.jpg

どうやら、ここが玄関になっているようです。(^-^;) 多くの家屋が壁を失っています。
手前の壁のない家屋にも人が住んでいるのが見えます。
f0229434_3104358.jpg

柱だけが残っている訳ではなくて、新しく建て直す過程でしょう。
f0229434_3105473.jpg

壁のない家屋が延々と続きます。
f0229434_3103333.jpg

今は乾期ですが、また雨期がやってきます。こうして廃材で修復した家屋に再び災害が襲います。
f0229434_3111482.jpg

廃材を集める大人たちと仮の住まいと思われる小屋が見えます。
f0229434_311455.jpg

こちらはかなり修復できているように見えます。働き手の男性たちが頑張ったところはこのように修復作業も早いようです。
f0229434_3112562.jpg

奥の上にチラリと自動車道が見えます。この先、ここも再び水辺へ向かって家が継ぎ足されていくはずです。
f0229434_3113659.jpg

もともと人間の営みとはこうしたものかも知れません。壊れたら直すの繰り返しであり、そういう意味では大変に機能的な家屋なのかも知れません。
f0229434_3115356.jpg

このように多くの子供たちが親の手伝いをしています。廃材でここに家を建てる最中でしょう。
f0229434_312469.jpg

ここも同様ですが、掘ったて小屋で生活していることが分かります。
雨期までに家が建つといいのですが・・・。
f0229434_3121610.jpg

これから集めた廃材で柱を組もうとしています。家族全員で力を合わせるために意外と微笑ましい光景です。(^-^)
f0229434_3122688.jpg

大人の指示に従って仕事を手伝わされていた子供たち。遠くに前回取材した橋が見えます。
f0229434_312396.jpg

私の訪問で仕事は一時中断。
f0229434_3125129.jpg

ようやく調査の半分くらいをご紹介いたしました。しばらくホームページの編集などもしたいので一時このブログは中断することになるかも知れません。m(_ _)m
[PR]
by asian101 | 2010-04-09 03:13
オンドイ台風後のスクォッター >>


アジアの市民たちと繋がる活動記録です。
by asian101